筋トレ種目・筋トレメニュー・テクニック、理論などの筋トレ動画を随時お届けしています。健康維持向上、肉体改造、シェイプアップ、スポーツパフォーマンス向上など目的に応じてお役立て下さい。
筋トレTV Youtubeチャンネルではすべての動画を視聴できます。

2020年1月12日

【脚・太もも編 Part6】内ももを引き締めながら全身をスタイルアップする方法

徹底解説!女子トレ実践講座の脚・太もも編 Part6として、内ももを引き締めながら全身をスタイルアップする方法について実演解説します。
内ももを鍛えることでスタイルアップと同時にO脚の防止・改善も期待できるので、ぜひ取り入れてみて下さい。
太ももをバランスよく鍛えて、洗練された太ももを目指しましょう。
基本的には女性を想定した内容・解説になりますが、初心者の男性が引き締めや体力づくり、健康づくりをする場合にも効果的なトレーニングとして活用いただけます。
また、重量やセット数、キープ時間などの負荷を上げていくことで細マッチョを目指す男性も活用いただけます。

スポンサーリンク
2019年12月29日

【脚・太もも編 Part5】太ももの前側を引き締める筋トレ方法

徹底解説!女子トレ実践講座の脚・太もも編 Part5として、太ももの前側を引き締める筋トレ方法について実演解説します。
太ももをバランスよく鍛えて、洗練された太ももを目指しましょう。

2019年12月15日

【体幹】~筋トレメニュー vol.6~ 体幹を強化し、ウエスト周りを引き締める筋トレメニュー

筋トレメニュー vol.6は、「体幹を強化し、ウエスト周りを引き締める筋トレメニュー」として、体幹を引き締め、腰周りのスタイルアップを目指すメニューをご紹介します。

2019年12月11日

ダイナミックストレッチ(動的ストレッチ)【1】 ~【6】連続再生版/筋トレ前・ランニング前

筋トレ前やランニング前に行う動的ストレッチです。
個別に公開していたダイナミックストレッチ(動的ストレッチ)の【1】 ~【6】を連続で閲覧できるように合体させました。
見ながら一緒にストレッチしたい場合などにご活用ください。
↓ダイナミックストレッチ(動的ストレッチ)の方法と効果、実施タイミングについて
https://www.kintore.tv/dynamic-stretch/

2019年12月1日

【脚・太もも編 Part4】内もも&外ももを引き締める筋トレ方法

徹底解説!女子トレ実践講座の脚・太もも編 Part4として、内もも&外ももを引き締める筋トレ方法について実演解説します。
太ももの前や後ろは気にしても、内ももと外ももには気を配っていない人が多いです。バランスの取れた太ももを作るためには欠かすことのできない筋肉なので、ぜひ取り入れて下さい。

2019年11月17日

【脚・太もも編 Part3】ふくらはぎを引き締めるカーフレイズの方法

徹底解説!女子トレ実践講座の脚・太もも編 Part3として、ふくらはぎを引き締めるカーフレイズの方法について実演解説します。
ふくらはぎは意識していないとプヨプヨして締りが無くなってしまいます。
引き締めることで細く見えるし、スタイルも洗練されたものになります。カーフレイズはいつでもどこでもできるので、少し時間を見つけてぜひ実践してみて下さい。

2019年11月3日

【脚・太もも編 Part2】2種類のレッグカールで太もものうしろを引き締めよう

徹底解説!女子トレ実践講座の脚・太もも編 Part1として、道具を使わず太もものうしろを引き締める「2種類のレッグカールの方法」について実演解説します。
意識しにくい太もものうしろですが、筋トレをすることで筋肉が目をさまして美しいシルエットを作り出すことができます。
太ももの前側と合わせてトレーニングすれば、理想の太ももに近づいていくでしょう。継続は力なりです。諦めずに頑張っていきましょう!

2019年10月20日

【脚・太もも編 Part1】太ももを引き締めるスタンディング・ニーアップの方法

徹底解説!女子トレ実践講座の脚・太もも編 Part1として、道具を使わず太ももを引き締める「スタンディング・ニーアップの方法」について実演解説します。
太ももの前側を引き締めることがメインになりますが、腹筋の下や体幹強化にも効果を発揮します。大きな筋肉を使うので基礎代謝アップも期待でき、太り肉体づくりにも有効です。

2019年10月6日

二の腕など腕周りのストレッチ/筋トレ後のストレッチ実践講座

筋トレ後のストレッチ実践講座として「腕のストレッチ」を実演・解説します。
腕周りのトレーニング後は、上腕三頭筋(二の腕)、上腕二頭筋(力こぶ)などの筋肉が凝り固まった状態になっており、しっかりと伸ばして通常の状態に戻してあげることが効果を上げるために大切な取り組みとなります。
ぜひ、ストレッチを疎かにすることなく筋トレとセットとして考え総合的にメニューを組んで下さい。