筋トレTV : 筋力トレーニングの方法・種目・メニューを動画で解説
スポンサーリンク
新着動画
スポンサーリンク

新着記事一覧

バランスボールでバランス力アップ&体幹強化を目指すステップアップトレーニング

バランスボールトレーニング種目
バランスボールでバランス力アップ&体幹強化

バランスボールを使ってバランス力アップや体幹を強化するためのステップアップトレーニングです。第1ステップ~第4ステップまであり、まずは座れるようになることから始めます。次にバウンドや動きを取り入れて不安定性を高めていきます。最後に筋トレを取り入れて体を鍛えると同時に筋肉の細かい連動性をさらに引き上げます。・・・

【全8種類】バランスボールでストレッチ。ボールの特徴を生かして気持ち良く伸ばす方法

ストレッチ・ウォーミングアップ・体操
バランスボールストレッチ

バランスボールの特徴を生かしてストレッチする8種類の方法を動画で実演・解説します。大胸筋、肩(三角筋)、体側、肩甲骨周り、股関節周りなど、道具を使わないストレッチではやりにくい方法、難しい方法を中心にご紹介します。・・・

ソファーを使って大胸筋とお尻を同時に鍛える方法。バストアップとヒップアップを同時に実現

テクニックを取り入れた筋トレ方法
腕立て伏せ&ヒップエクステンション

ソファーを使って大胸筋とお尻の大きな筋肉・大臀筋を同時に鍛える方法を実演・解説します。2種目を組み合わせて連続して行うことで脂肪燃焼効率も高まり、全身の引き締めにも繋がります。種目は大胸筋をプッシュアップ、大臀筋はヒップエクステンションで鍛えます。・・・

自宅でできる首(胸鎖乳突筋)の鍛え方「ネックフレクション」。腹筋&体幹も引き締められる?

体幹トレーニング
自宅でできる首の鍛え方「ネックフレクション」

体幹の末端に位置する首(胸鎖乳突筋)を鍛える方法「ネックフレクション」を実演・解説します。首の筋肉は脊椎を成す頸椎の保護、機能強化をはじめ、姿勢の安定、スポーツパフォーマンスアップなどにおいて重要な役割を担います。首の筋トレを取り入れて洗練された・・・

自宅のソファーを使って下腹部を鍛える 「ニートゥーチェスト with ソファー」

腹筋トレーニング種目
下腹部を鍛える「ニートゥーチェスト with ソファー」

ソファーを使って腹直筋の下部、いわゆる下腹(下腹部)を鍛えることができる「ニートゥーチェスト with ソファー」の方法を実演・解説します。ソファー以外にもベッドや椅子を使って実施できます。特別な道具を必要とせずに手軽にできるので、下腹部が気になる人は・・・

体幹トレーニングの入門種目「アームスタンディング(初級プランク)」の方法と効果

体幹トレーニング
アームスタンディング(初級プランク)

体幹トレーニングの入門種目である「アームスタンディング(初級プランク)」の方法を実演・解説。腕立て伏せのスタートの姿勢のまま保持して体幹を強化する筋トレ種目です。肘を立てて行う一般のプランクに比べて負荷が低いことから、体力がない方や筋トレ初心者向け・・・

自宅で大胸筋上部を鍛える方法 – ソファーでインクラインダンベルプレスを実践

胸トレーニング種目
インクラインダンベルプレス

自宅にインクラインベンチがない場合にソファーを使って大胸筋の上部を鍛える「インクライン・ダンベルソファープレス」の方法を実演・解説します。自宅でインクラインができないとあきらめていた方、大胸筋上部を強化したい方・引き締めたい方は、ぜひお試しください。・・・

大胸筋の伸縮をより意識した「ダンベルフライ」 – 腕にひねりを加えて効果を高める方法

胸トレーニング種目
大胸筋の伸縮をより意識した「ダンベルフライ」

大胸筋を効果的に鍛えるための「ダンベルフライ」の方法を解説・実演します。動作中に腕のひねりを加えることで、一般的なダンベルフライに比べて大胸筋への収縮がさらに入ります。一般的な方法を継続していく中で成長が伸び悩んだ場合などの新たな刺激・・・

広背筋の筋トレ種目「ベントオーバーロウイング」応用版・動作にひねりを加えて効果的に鍛える方法

背筋トレーニング種目
広背筋の伸縮をより意識した「ベントオーバーロウイング」

広背筋を効果的に鍛えるための「ベントオーバーロウイング」の方法を解説・実演します。引くときにひねりを加えることで、一般的なベントオーバーロウイングに比べて広背筋への収縮がより入ります。一般的な方法を継続していく中で成長が伸び悩んだ場合・・・

自重による筋トレでクッキリと割れた腹筋を作るシックスパックトレーニング

腹筋トレーニング種目
割れた腹筋を作るシックスパックトレーニング

アブドミナルバーンLV2(レベル2)の筋トレ方法を解説・実演します。LV1に比べて負荷が高く、腹筋を強烈に刺激します。腹筋上部については上体を起こして緊張させたまま腕を動かすことで負荷が増幅します。下腹部は脚を伸ばした地点が最も刺激が強くなります・・・

気を抜けないお腹。腹筋を引き締め、たくましいお腹、スマートなお腹を手に入れよう。
どのようなうしろ姿を目指していますか?見えないところもたくましく、美しく。
Tシャツが似合う腕になりたい。じゃあ、男性はたくましく、女性は細っそり腕を目指してみよう。
太ももが・・・お尻が・・・
気になる人は、きっちり鍛えて隙をなくそう。
脱いでもすごくない・・・いやいや今から始めても遅くはない。筋トレで誇れる胸を手に入れよう。
全身コーディネートするなら肩もはずせない。とにもかくにも肩肘張らずにやってみよう。
目的の部位を鍛えられることはもちろん、不安定だからこそインナーマッスルも鍛えられる。
工夫次第でいろんなトレーニングが可能。体に優しいチューブから気軽に始めてみませんか?

いますぐできる肉体改造メニュー

ヒップアップを目指す場合に重要となる筋肉は、大臀筋(だいでんきん)というお尻のシルエットを作る筋肉。大臀筋が弱かったり、衰えていたら、上に乗っかている脂肪は重力に逆らえず、次第に垂れてきてしまいます。 そこで、大臀筋を鍛えてお尻の脂肪を本来ある位置に引き上げることが急務となるのです。

特にお腹が少し出てきたかなと意識している人向けの「腹筋引き締めプログラム」です。 腹筋を引き締める場合に重要な働きをする筋肉は、一番お腹の表面に近い腹直筋、その下にある腹斜筋、さらにその下にある腹横筋です。

「握力を付けたい・・・」 男子たるもの一度は握力を鍛えようと思ったことがあるのではないでしょうか。
・ やっているスポーツ競技で必要だから
・ 友達に握力勝負で負けたから
・ リンゴを握りつぶしたいから
・ ただ、ただ・・・強くなりたいから

うしろ姿は自分でよく見られない分、普段なかなか意識することがありません。
でも意外と見られているのが背中。
歩いている時、すれ違いざまなど前から見るのは何となく気まずいので、あまり凝視できない。

寒くなる季節、洋服で隠れているからと気を抜きがちな自分のカラダ。
暖かくなってきた時にはもう手遅れ。。。 ってことにならないように寒い季節だからこそ、肌の露出が多くなる暖かい季節の準備をしておきたいところです。

「太ももの脂肪が多く、上半身とのバランスが悪い人」 「下半身の筋肉が少なく、足腰が弱い人」 「下半身のシルエットよくしたい人」 「筋肉を付けてメリハリのある太ももにしたい人」 におすすめのトレーニングメニューです。

ページの先頭へ