スポンサーリンク

「ダンベル」タグの記事一覧

大胸筋の伸縮をより意識した「ダンベルフライ」 – 腕にひねりを加えて効果を高める方法

大胸筋の伸縮をより意識した「ダンベルフライ」

大胸筋を効果的に鍛えるための「ダンベルフライ」の方法を解説・実演します。動作中に腕のひねりを加えることで、一般的なダンベルフライに比べて大胸筋への収縮がさらに入ります。一般的な方法を継続していく中で成長が伸び悩んだ場合などの新たな刺激・・・

広背筋の筋トレ種目「ベントオーバーロウイング」応用版・動作にひねりを加えて効果的に鍛える方法

広背筋の伸縮をより意識した「ベントオーバーロウイング」

広背筋を効果的に鍛えるための「ベントオーバーロウイング」の方法を解説・実演します。引くときにひねりを加えることで、一般的なベントオーバーロウイングに比べて広背筋への収縮がより入ります。一般的な方法を継続していく中で成長が伸び悩んだ場合・・・

筋トレにダンベルは必要?自重トレーニングで負荷・強度を高めるには?

009

例えば、ダンベルカールで何も持たずに行なった場合どうでしょうか? 腕の曲げ伸ばしは普段の生活でも常に行なっている動作です。 これでは、いま以上の筋肉(筋力)を必要としないため、これ以上筋肉は育とうとしません。 筋肉は、いま以上に力が必要だと思った時により強くなってその負荷に対応しようとするのです。

スクワットで太もも・お尻を鍛える

015

スクワットは、「ダンベルを持ち、爪先をやや外側に開いた姿勢から膝を曲げ上体を下ろす」動作によりハムストリングス(または大腿四頭筋)、大臀筋の引き締め、強化を目指す下半身トレーニングです。

カーフレイズでふくらはぎを引き締める

009

カーフレイズは、「ダンベルを持った姿勢から爪先立ちになり、かかとを上下させる」動作により下腿三頭筋(腓腹筋・ヒラメ筋)の引き締め、強化を目指す下半身トレーニングです。ふくらはぎの引き締め・・・

おすすめプロテイン

ページの先頭へ