「トウ・レイズ」は、すねの外側に位置する前脛骨筋を鍛える筋トレ種目です。前脛骨筋は一般的には進んでトレーニングする部位ではありませんが、膝下のスタイルアップを目指す場合は、見逃せない部分になります。隙のないスタイルアップを目指している方は、ぜひ取り入れてみて下さい。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 前脛骨筋(すねの外側)

種目解説

トウ・レイズは、「爪先を上下させる」動作により前脛骨筋の強化を目指す下半身トレーニングです。

膝下の引き締め、脂肪燃焼、膝下のライン調整、スタイルアップなどに効果が期待されます。

上体が前に倒れた姿勢で行なうと効果が上がりません。背筋を伸ばした姿勢で行なうことを心がけましょう。

また、爪先を出来るだけ高く上げ、すねの外側を意識するようにすると効果的です。

負荷が足りない場合は、ダンベルなどを持って行うとよいでしょう。

ポイント

  • 背筋を真っ直ぐにしたまま、ゆっくりと爪先を上げる
  • 下ろす時もゆっくりと下ろす
  • 爪先を出来る限り高く上げるとより効果的
  • 体がふらつく場合は、壁に向かって手を伸ばし軽く指を当てた状態で行なう
  • すね側面の筋肉が使われていることを意識する

目標回数

15~20回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ