「上腕三頭筋(二の腕)」タグの記事一覧 | 動画で方法を学ぼう筋トレTV
スポンサーリンク

「上腕三頭筋(二の腕)」タグの記事一覧

ダンベル種目「フレンチプレス」と「キックバック」で上腕三頭筋(二の腕)を効果的に鍛える方法とポイント

ダンベルトレーニング

筋トレのメニューを組む際に効果を上げる上で重要となるのが、負荷がかかる方向を変えてあげるということです。フレンチプレスとキックバックでは上腕三頭筋(二の腕)を鍛える種目でありながら肩関節の角度が逆になることで二の腕に全く違った刺激を加えることができます。ここでは、この2つをメニュー例として、やり方をそれぞれ解説します。

ZEバーやバーベルを使って上腕三頭筋(二の腕)を鍛える方法とポイント/筋トレ実践講座

ライイング・フレンチプレス

上腕三頭筋、いわゆる二の腕の鍛え方には様々な方法があります。その中でもライイング・フレンチプレスは効果はもちろんですが、肩関節の角度によって負荷を調節できるため重りを追加で用意できないなど制限がある場合にも有効に取り入れることができます。それでは、基本から負荷の上げ方まで学んでいきましょう。

フレンチプレスで安全・効果的に上腕三頭筋(二の腕)を鍛えるのための方法とポイント

ZEバー・フレンチプレス

上腕三頭筋(二の腕)を鍛えることで男性であれば太い腕を作ることができ、女性であればタプタプになるまえの予防、そしてタプタプになった二の腕を引き締めることができます。このような効果を得ることができるポピュラーな種目がフレンチプレスです。正確な動作をマスターして確実に目標とする体を手に入れましょう。

腕立て伏せができない人のためのステップアップトレーニング。二の腕をシュッとしたい女性や体力アップの導入などにおすすめ

腕立て伏せステップアップトレーニング

腕立て伏せがボディメイクに効果的なことは分かっているけど、女性や体力が低い人にとっては、きつくてうまく反復できない・・・、筋トレが続かない・・・、といったことがよくあります。そこで、本講座では強度が低い方法から段階的に進めることで、腕立て伏せの効果を得ながらもボディメイクしていく方法をご紹介します。

自宅でできる!大胸筋下部を鍛える「ディップス」のやり方。ちょっと似ているリバースプッシュアップとの違いは?

ディップスの方法

ディップスは、大胸筋の下部を効率的に鍛えることができる筋トレ種目です。胸を全体的にバランス良く鍛える上で、ぜひ取り入れたい種目の一つです。正しい方法を習得して、引き締まったかっこいい胸を作っていきましょう。一見似ている「リバースプッシュアップ」との違いについても解説します。

大胸筋を強化する「プッシュアップ(腕立て伏せ)」の正しいやり方と間違ったやり方

プッシュアップ(腕立て伏せ)の方法

プッシュアップ(腕立て伏せ)は、目的に応じて大胸筋や上腕三頭筋(二の腕)を鍛えることができる最もポピュラーな筋トレ種目の一つです。手幅を変えるバリエーションによっては二の腕を重点的に強化できる非常に優れた自重トレーニングであります。正しいやり方と間違ったやり方を通じて、効果的で効率的に筋トレを進めていきましょう。

1回9分のサーキットトレーニングでダイエット+大胸筋(+二の腕)を引き締める

胸のサーキットトレーニング

1回9分で大胸筋(補助的に二の腕)を鍛えて、脂肪燃焼を促進するサーキットトレーニングです。ダイエットするのと同時に張りのある胸をを作りたい、胸に引き締めたい、かっこいい胸を作りたい、二の上でを引き締めたい、そのような方におすすめです。【トレーニング方法】今回のサーキットトレーニングは、胸を鍛えながら脂肪を燃やしていきます。1回9分で終わるので、

ページの先頭へ