チューブで行う「アップライトロウイング」は中央部を足で踏み、両手で持ったチューブを顎に向かって引き上げることで、三角筋および僧帽筋を鍛えることができるチューブトレーニングです。肘を外側に開きながら引き上げるのがポイントです。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 三角筋 僧帽筋

種目解説

アップライトロウイング/チューブ・ラバーは、「手の甲を外側に向けた形でチューブを握り、肘を開きながらあごの下まで引き上げる」動作により三角筋、僧帽筋の引き締め、強化を目指す肩周りのチューブトレーニングです。
同様の方法で、セラバンドなど、ラバーで行うこともできます。

肩・背中上部の引き締め、筋力アップ、脂肪燃焼、肩のシルエット調整などに効果が期待されます。

腕で引き上げるのではなく、肩の筋肉で引き上げるイメージを持ちましょう。
肘を出来る限り高く上げるようにすることで僧帽筋にもしっかり効かせることができます。

上げ切ったとき、手首よりも肘が高い位置になっているとベストです。
動作を通じて、肩がすくまないように注意して下さい。

ポイント

  • 手の甲を外側に向けた形でチューブを握る
  • 胸を張って、背筋をしっかり伸ばす
  • 【力を加える】 肩周りの筋肉を意識して肘を開きながらゆっくり引き上げる。肘は方よりも高く上げる。
  • 【元の姿勢に戻る】 顎の下まで引き上げたら、チューブの反発に逆らうようにブレーキをかけながらゆっくりと下ろす
  • 動作中、常に肩周りの意識する

目標回数

10~20回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ