チューブで行う「ベントオーバー・リアレイズ」は、足でチューブの中央を踏んで固定し、両手でチューブの端を握って前傾します。この姿勢から腕を固定したまま後ろに引き上げることで三角筋の後部を鍛えることができるチューブトレーニングです。ダンベルで行う方法にリアレイズがあります。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 三角筋(後部)
第2ターゲット ・・・ 上腕三頭筋

種目解説

リアレイズは、「足の裏でチューブの中心を固定したら、お尻を突き出し、上体を倒した姿勢からチューブを後方に引き上げる」動作により三角筋後部の引き締め、強化を目指す肩周りのトレーニングです。

肩の引き締め、筋力アップ、脂肪燃焼、肩のシルエット調整、振袖腕の予防・改善などに効果が期待されます。

背中を丸めないようにし、動作中に上体が起き上がってこないように注意しましょう。

肘は軽く曲げた状態を保ち、動作するようにしましょう。

ポイント

  • 背中が丸まらないように
  • 【力を加える】 三角筋筋肉を意識してゆっくりと後方へ引き上げる
  • 【元の姿勢に戻る】 床と平行になるまで上げたら、、チューブの反動に逆らうようにブレーキをかけながらゆっくりと下ろす
  • 動作中、常に肩周りの意識する

目標回数

10~20回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ