チューブで行う「チェストプレス」は、チューブを背中に回して両手でチューブの端を両手で握った体勢から、前方へ向けて真っ直ぐに腕を伸ばすことで大胸筋をメインに鍛えることができるチューブトレーニングです。ダンベルで行う方法にダンベルベンチプレスがあります。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 大胸筋
第2ターゲット ・・・ 三角筋 上腕三頭筋

種目解説

チェストプレスは、「チューブを背中に回し、両手でチューブの端を握った姿勢から腕を前に押し出す」動作により大胸筋の強化を目指すチューブトレーニングです。

胸の引き締め・筋力アップ、脂肪燃焼、胸の垂れ防止(バストアップ)などに効果が期待されます。

胸を張った状態を保ち、乳頭のライン(胸のトップ)から真っ直ぐ前方へ押し出すようにすることが大切です。

動作中、肩関節の動きをメインに働かせ、肩甲骨は寄せた状態を保つようにします。

胸の筋肉の収縮を意識し、胸を絞り込むようにすると効果的です。

ポイント

  • 【力を加える】 胸の筋肉を意識してゆっくりと押し出す。
  • 【元の姿勢に戻る】 チューブの反動に逆らうようにブレーキをかけながらゆっくりと戻る
  • 胸を張り、背筋を伸ばす
  • 乳頭のラインから真っ直ぐに押し出す
  • 肩甲骨は寄せたまま動作する
  • 動作中、常に胸の筋肉を意識する

目標回数

10~20回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ