チューブで行う「デッドリフト」は、両手でチューブを握って、チューブの中央部をつま先で踏み、腰を下ろした体勢からチューブを引くことで脊柱起立筋・ハムストリングス・大臀筋を鍛えることができるチューブトレーニングです。ダンベルで行う方法もあります。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 脊柱起立筋 大臀筋 ハムストリングス

種目解説

デッドリフトは、「お尻を突き出し、上体を前傾させた姿勢から両手に握ったチューブを引き上げる」動作により主として脊柱起立筋、大臀筋・ハムストリングスの引き締め、強化を目指すチューブトレーニングです。

背中の引き締め、背中のシルエット調整、ヒップアップ、ハムストリングス(太もも裏)の引き締めなどに効果が期待されます。

上体を前傾させる時、お尻を突き出すようにし、腰から前傾させます。引き上げる時は、背中(腰)でチューブを引き上げるイメージで行ないましょう。
腕はチューブを固定しているに過ぎません。腕でチューブを引っ張らないように注意しましょう。

また、動作中、常に背筋は自然なアーチを保ち、丸くならないように注意して下さい。
下を向くと丸くなりやすいため、動作を通じて真正面を向くようにするとよいでしょう。

ポイント

  • 【力を加える】 膝を伸ばし、上体を立てながらゆっくりと体を起こす
  • 【元の姿勢に戻る】 チューブの反動に逆らうようにブレーキをかけながらゆっくりと戻る
  • 動作中、胸を張り、背筋を伸ばした状態(自然なアーチ)を保つ
  • 主として背中を意識し、負荷がかかっていることを実感する

目標回数

10~20回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ