脊柱起立筋をメインに鍛える「グッドモーニングエクササイズ」のトレーニング方法を実演・解説します。胸を張った姿勢のまま腰を曲げて(上体を倒して)上体を床と並行にし、元の姿勢に戻る動作により脊柱起立筋を鍛えることができます。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 脊柱起立筋
第2ターゲット ・・・ 大臀筋 前脛骨筋

種目解説

グッドモーニングエクササイズは、「手を頭の後ろで組み胸を張った状態から上体を前傾させる」動作により脊柱起立筋の引き締め、強化を目指す背筋トレーニングです。

下背部(腰周辺)の引き締め、腰回りのシルエット調整、ヒップアップ、すねの外側の筋肉強化などに効果が期待されます。

上体を前傾させる時、お尻を突き出すようにし、重心をかかとに持ってくるのがポイントです。前のめりにならないように注意しましょう。

また、動画内では膝を真っ直ぐに保ったまま動作するとしていますが、上体が床と並行にするのが難しい場合は、やや膝を曲げて行っても大丈夫です。

ポイント

  • 動作中、胸を張り背中を丸めない
  • 頭を下げるのではなく、上体の姿勢を維持したまま、腰から直角に前傾させる
  • 下背部への負荷を感じながら、上体をゆっくり前傾させる
  • 戻る時も下背部への負荷を感じながら、ゆっくり戻る
  • 常に下背部を意識し、負荷がかかっていることを実感する
  • 動作中、重心をかかとに持ってくることで前脛骨筋(すねの外側)に負荷がかかる

目標回数

10~15回×3セット

こちらの記事もどうぞ