「スタンディング・レッグカール」は、太ももの裏の筋肉ハムストリングスを引き締める筋トレ種目です。非常に負荷が低いため、運動不足の方の運動不足解消やご高齢の方の体力アップのための導入として取り入れるとよいでしょう。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ ハムストリングス(太もも裏)

種目解説

スタンディング・レッグカールは、「壁の横に立ち、片手を付いた姿勢から膝を曲げ足を上下させる」動作によりハムストリングスの引き締めを目指す下半身トレーニングです。
片脚が終わったら、もう片方も同様に行います。

ハムストリングスの引き締め、脂肪燃焼などに効果が期待されます。
また、負荷が低いため、運動不足の方やご高齢の方において運動習慣の導入として取り入れるのがおすすめです。

慣れないと、動作中に膝が前に出てしまうことがあります。
はじめの内は、膝の位置を固定することを意識し、正しいフォームを身につけましょう。

ポイント

  • かかとをお尻に近づけるようにして、ゆっくりと膝を曲げる
  • 下ろす時もゆっくりと下ろす
  • 体は真っ直ぐな姿勢を保つ
  • 膝の位置をしっかり固定する
  • 動作中、太ももの裏の筋肉が使われていることを意識する

目標回数

左右各15~20回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ