「ライイング・トライセプス・エクステンション」は、上腕三頭筋を鍛えることができる筋トレ種目です。仰向けになり、両手に持ったダンベルを上げた体勢から肘の曲げ伸ばしを行うことで上腕三頭筋(二の腕)を鍛えることができます。肘の位置を固定するのがポイントです。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 上腕三頭筋

種目解説

ライイング・トライセプス・エクステンションは、「ベンチに仰向けになり、肘を伸ばして肩の角度を90度にした体勢からダンベルを手前へ上下させる」動作により上腕三頭筋の強化を目指す腕トレーニングです。

上腕三頭筋の引き締め、筋肉アップ、筋力アップ、脂肪燃焼、振袖腕の解消などに効果が期待されます。
ダンベルは、手のひら側を前に向けた状態で握ります。
フレンチプレス同様、上下させる時は肘の位置を固定(上腕を動かさない)したままゆっくりと動作させるのがポイントです。

また、ライイング・トライセプス・エクステンション以外に上腕三頭筋を鍛える種目にキックバックやフレンチプレスなどがありますが、それぞれ動作する際の肘の位置に違いがあります。

ライイング・トライセプス・エクステンションは体の真上(肩の角度が90度)、キックバックは体の真横、フレンチプレスは頭の横に位置し、どれも上腕三頭筋を鍛える種目ですが、上腕三頭筋の中でも負荷がかかるポイントに若干違いがあります。

そのため、まんべんなく上腕三頭筋を大きく(肥大)したい場合は、それぞれの種目をメニューに取り入れることが有効となります。

ポイント

  • 肘の位置をしっかり固定する(上腕を動かさない)
  • ブレーキをかけながらゆっくりとダンベルを下ろす
  • 上げる時もゆっくりと上げる
  • 動作中、常に上腕三頭筋を意識する

目標回数

8~12回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ