「ウルナ・フレクション」は尺側手根屈筋(前腕屈筋群)・尺側手根伸筋(前腕伸筋群)を鍛えることができる筋トレ種目です。手の甲を外側に向けた姿勢でダンベルの片側を持ち上下させることで尺側手根屈筋、尺側手根伸筋を鍛えることができます。腕は固定して手首の動作だけで反復するようにしましょう。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 尺側手根屈筋(前腕屈筋群)・尺側手根伸筋(前腕伸筋群)

種目解説

ウルナ・フレクションは、「片手でダンベルの先端を持ち、逆の先端を後方に引き上げる」動作により前腕部の尺側手根屈筋(前腕屈筋群)・尺側手根伸筋(前腕伸筋群)の強化を目指す腕トレーニングです。ラジアル・フレクションとはダンベルを持つ位置、動作方向か逆になる。

前腕の引き締め、筋肉アップ、筋力アップ、脂肪燃焼などに効果が期待されます。
ラジアル・フレクションと合わせて手首の強化にも有効です。

手の甲を外側へ向け、手首の動作のみで行ないます。動作中、肘が動かないようしっかり固定しておきます。

ポイント

  • 肘が曲がらないよう、手首の動作だけでゆっくり引き上げる
  • 下ろす時もブレーキをかけながらゆっくり下ろす
  • 肘を曲げない
  • 腕はからだの横から動かさないように
  • 手首の動作を確かめながら、前腕の筋群が使われていることをしっかり意識しよう

目標回数

左右各15~20回×1~3セット

こちらの記事もどうぞ