「ジャックナイフ」は、バランスボール特有の種目で、腹筋下部および腸腰筋を鍛えることができる筋トレ種目です。やや動作方法が難しいですが、まずはポイントを確認しながら、動作を身に付けるようにしてみましょう。お尻を上げることを意識してみましょう。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 腹筋下部 腸腰筋
※腸腰筋=腸骨筋、大腰筋、小腰筋から構成される腹部の深い位置にある筋肉・インナーマッスルの一つ。

種目解説

ジャックナイフは、「膝下をバランスボールに乗せ、腕立て伏せの体勢をとる。この体勢からボールを引き寄せ、お尻を高く上げる」動作により腹筋下部、腸腰筋の引き締め、強化を目指します。

腹筋下部、腸腰筋の引き締め・強化、脂肪燃焼、ぽっこりお腹の解消などに効果が期待されます。
負荷は高くありませんが、体を支えるために上体の筋肉も使われますので、継続することで整ったプロポーションの維持、獲得にも役立ちます。(特に女性の方)

動作が少し難しいため、焦らずにしっかりとフォームを身に付けるところから始めてみましょう。

お尻が天井から引っ張られているイメージで高く上げるのがポイントです。

ポイント

  • ボールをしっかり引き寄せ、お尻を高く上げる
  • 腹筋下部が硬くなっているのを意識し、ゆっくりと引き寄せる
  • 戻る時もブレーキをかけながら、ゆっくりと戻る
  • 肘を曲げないように
  • 動作中、常に腹筋が使われていることを意識する

目標回数

10~20回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ