バランスボールで行う「サイドベンド」は、腹斜筋をメインに鍛えるバランスボール種目です。椅子に座って横に置いたバランスボールを手で押しつぶすことで腹斜筋を鍛えることができます。腰を起点に状態を曲げ、ボールを押すようにするのがポイントです。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 腹斜筋

種目解説

サイドベンド/バランスボールは、「椅子に座り、横に置いたバランスボールを腰から上体を傾け手で押しつぶす」動作により腹斜筋の強化を目指す腹筋トレーニングです。

ウエストの引き締め、横腹の脂肪燃焼、ウエストラインの調整などに効果が期待されます。

ダンベルで行うサイドベンドに比べ、負荷が低くやりやすい種目となっています。
そのため、女性の方や運動不足の方、ご高齢の方が運動習慣を身に付けるための導入として活用するのも有効です。

バランスボールを押しつぶす時、体でボールを押すイメージで腰から上体を曲げるようにします。
お尻を上げ体ごと斜めにして押したり、肩だけを下げて手押しにならないように注意しましょう。

ポイント

  • 腰を曲げ、ゆっくりとバランスボールを押す
  • 戻る時は、ボールの反動を使わず、ブレーキをかけながらゆっくりと戻る
  • 腰をしっかり曲げてボールを押す(腰を起点に動作する)
  • ┗ お尻を浮かさないように!手押しにならないように!

  • 動作中、常に腹斜筋が使われていることを意識する

目標回数

左右各10~20回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ