バランスボールで行う「フロントランジ」は、太もも前面の筋肉・大腿四頭筋およびお尻の筋肉・大臀筋を鍛えることができる筋トレ種目です。バランス力も求められる種目なので、初心者の方においては動作が難しいかも知れません。その場合は、壁に片手を付いたり、両手をテーブルに添えて行うことから始めてみましょう。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 大腿四頭筋 大臀筋
第2ターゲット ・・・ ハムストリングス

種目解説

フロントランジ/バランスボールは、「後ろに置いたバランスボールに片足を乗せ、腰に手を置いた体勢から膝を曲げ真下に腰を落とす」動作により主として大腿四頭筋、大臀筋の引き締め、強化を目指す下半身トレーニングです。

お尻・太ももの引き締め、筋肉アップ、筋力アップ、脂肪燃焼、ヒップラインの維持・向上などに効果が期待されます。
不安定なボールの上に脚を置き片足で動作するため、バランス力の強化にも役立ちます。

片脚で行うため強度は高くなっています。
反復できない時は、壁に手を付いたり、テーブルに手を添えたりと、支えを用いてトレーニングしてみましょう。

腰を落とす時、太ももが床と平行になるまでしっかりと膝を曲げることが大切です。

ポイント

  • 【力を加える】 膝が床と平行になるまで曲げ、ゆっくり腰を落とす
  • 【元の姿勢に戻る】 太ももに負荷をかけながらゆっくり戻る
  • 背筋を伸ばし、上体は立てた状態を保つ(上体が前に倒れないように)
  • 太もも前面とお尻の筋肉が使われていることを意識する

目標回数

左右各10~20回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ