「四点バランス」は全身の細かい筋肉・インナーマッスルを強化できる筋力トレーニングです。お腹に力を込めてボールの揺れに対抗するようにバランスをとって所定の秒数保持します。背中が丸まらないように注意して行ってみましょう。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

【メイン】 全身のインナーマッスル

種目解説

四点バランスは、「ボールの上で四つんばいになり、ボールから落ちないようにその姿勢を保つ」動作により全身のインナーマッスルの強化、全身の安定性向上を目指すトレーニングです。

筋肉の連動性向上、スポーツパフォーマンスのアップなどに効果が期待されます。
揺れに対抗し落ちないようにすることで、バランス力の向上にも役立ちます。

まずは、30秒間継続できるようになるとこからはじめ、最終的には60秒以上できるようになればGOODです。
途中で落ちても、そのまま休まずに再度ボールに乗り目標の秒数続けていけば大丈夫です。徐々に継続できる秒数が伸びてくるかと思います。

ポイント

  • 出来るだけボールから落ちないようにバランスを取る&踏ん張る
  • 落ちる寸前まであきらめない。(悪あがきをする)
  • 慣れてきてずっと維持できる状態になったら、自分で体を揺らしたり、人から軽く体を揺らしてもらうことで、さらなる効果アップが期待できる

目標回数

30~60秒キープ×2~3セット

こちらの記事もどうぞ