バランスボールで行う「フロントブリッジ(プランク)」は、腹筋全体(腹直筋・外腹斜筋・内腹斜筋)および腹部をコルセットのように包んでいる腹横筋を強化できる筋トレ種目です。30秒間保持出来ない場合でも、徐々に時間を伸ばして保持できるようにすればOKです。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 腹筋全体 腹横筋

種目解説

フロントブリッジは、「バランスボールの上に両肘を付き、脚を伸ばした体勢を30~60秒間キープする」動作により腹筋全体、腹横筋の引き締め、強化を目指すトレーニングです。

腹筋全体の強化、腹筋の引き締め・脂肪燃焼、ぽっこりお腹の改善・解消、姿勢改善、スポーツパフォーマンスのアップなどに効果が期待されます。

また、体が揺れないように保持することを意識することで、様々なスポーツで要求される上体の安定性、バランス力強化にも役立ちます。

床で保持する一般的なプランクに比べてフォームの難易度がやや高くなっています。
バランスボールの不安定性により微細な筋活動が起こり、バランスを保持する要求レベルが上がるためです。

頭からかかとまで一直線になるように保つことが大切です。腹筋の緊張を感じると同時に全身の筋肉を働かせてバランスを保つようにしてみましょう。

ポイント

  • 頭からかかとまでが一直線になるように
  • 背中を反ったり、丸くならないように注意
  • 体が揺れを少なくできるよう意識して保持する
  • 動作中、腹筋全体が硬くなっていることを意識する

目標回数

30~60秒×2~3セット

こちらの記事もどうぞ