「エッグ・エクササイズ」は、腹筋下部、腸腰筋を鍛えるバランスボール種目です。足首をボールから出す形で脚を乗せた体勢から、膝を胸に引き寄せるようにしてボール転がすことで、腹筋下部および腸腰筋を鍛えることができます。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 腹筋下部 腸腰筋
※腸腰筋=腸骨筋、大腰筋、小腰筋から構成される腹部の深い位置にある筋肉・インナーマッスルの一つ。

種目解説

エッグ・エクササイズは、「膝下をバランスボールに乗せ、腕立て伏せの体勢をとる。この体勢から股関節を十分に動かし、膝を胸の方へ引き寄せ、体を丸める」動作により腸腰筋、腹筋下部の強化を目指す腹筋トレーニングです。

腹筋下部の強化・引き締め・脂肪燃焼、骨盤の安定、ウエストラインの維持・向上、内臓の位置を整えることなどに効果が期待されます。

肘は真っ直ぐに保ったまま、膝をしっかりと胸の方へ引き寄せるようにしましょう。

また、脚を伸ばしているときは、背中を真っ直ぐに保ち、腰が落ちないように注意して下さい。

お腹のの引き締めを目指している方は、1日置きからはじめて、慣れてきたら毎日行うようにしてみましょう。

ポイント

  • 股関節の動きを意識して、ゆっくりと膝を胸に近づける
  • 元の姿勢に戻る時もお腹の筋肉を伸ばすイメージでゆっくりと戻る
  • 肘を曲げないように
  • 動作中、常に腹筋が使われていることを意識する

目標回数

10~20回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ