バランスボールで行う「レッグカール」は、腹筋下部および腸腰筋を鍛えることができる筋トレ種目です。膝を胸に近づけるようにしてボールを引き付けるのがポイントです。お尻を常に浮かしたまま動作中することも意識しましょう。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 腹筋下部 腸腰筋
※腸腰筋=腸骨筋、大腰筋、小腰筋から構成される腹部の深い位置にある筋肉・インナーマッスルの一つ。

種目解説

レッグカール/バランスボールは、「仰向けに寝てバランスボールに足を乗せた状態からバランスボールを手前に引き寄せる」動作により腸腰筋、腹筋下部の引き締め、強化を目指す腹筋トレーニングです。

腹筋下部の強化・引き締め・脂肪燃焼、骨盤の安定、ウエストラインの維持・向上、内臓の位置を整えることなどに効果が期待されます。

膝を胸の方に近づけることを意識すればフォームも比較的覚えやすく、取り組みやすい種目のひとつと言えます。
特に下腹が気になる女性の方におすすめです。

動作中、お尻は常に上げたままにすることを意識して行うようにしましょう。

ポイント

  • 【力を加える】 股関節をしっかり曲げて、ゆっくりとボールを引き寄せる
  • 【元の姿勢に戻る】 股関節を伸ばし、ゆっくり戻る
  • 動作中、お尻は常に上げた状態に
  • 動作中、腹筋の収縮を意識する

目標回数

10~20回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ