「チューブロウイング」は、足に回したチューブを両手で握り、わき腹に向かって引くことで背中の筋肉・広背筋をメインに鍛えることができるチューブトレーニングです。肘が開かないように、脇を締めて引くのがポイントです。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 広背筋 菱形筋

種目解説

チューブロウイングは、「脚を伸ばして座ったら足裏にチューブを回し、両端を握る。この姿勢から胸を張りながらチューブを体に引き寄せる」動作により広背筋および菱形筋の引き締め、強化を目指すチューブトレーニングです。

広背筋、菱形筋の引き締め、背中のシルエット調整、姿勢の維持などに効果が期待されます。

胸を張りながら肘が体の後ろに突き抜けるようにチューブを引き寄せることが大切です。

また、脇を締めて肩甲骨を寄せながら引くようにするとGOODです。

ポイント

  • 脇を締めて、肘が開かないようにする。
  • 【力を加える】 肘が体の後ろに突き抜けるようにゆっくりと引く。
  • 【元の姿勢に戻る】 チューブの反動に逆らうようにブレーキをかけながらゆっくりと戻る
  • 意識は背中に。常に背中の筋肉を使っていることをイメージしよう

目標回数

10~20回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ