チューブで行う「レッグカール」は、うつ伏せになり、かかとに固定したチューブを膝を曲げて引き上げていくことで太ももの裏の筋肉・ハムストリングスを鍛えることができるチューブトレーニングです。膝の位置を固定して、しっかりと太ももの裏に効かせるのがポイントです。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ ハムストリングス(太もも裏)

種目解説

レッグカールは、「うつぶせに寝て輪にしたラバーの先端を片方の脚の爪先で踏み固定し、もう片方の先端をかかとに固定する。この体勢からかかとに固定した足を上下させる」動作によりハムストリングスの強化を目指す下半身トレーニングです。
動画では、ラバーを用いて行っていますが、もちろんチューブでも行うことができます。

太もも裏の引き締め、脂肪燃焼、脚のスタイル維持・向上などに効果が期待されます。

レッグカールには、負荷の低いスタンディング・レッグカールもあります。
ジムに通われている方は、レッグカールマシンを使うと負荷が細かく調節でき効果的ですが、ジムに行かれてない方は、ここで紹介しているチューブなどを使って工夫することで、一定の効果を得ることができます。

太もも前側を鍛えるレッグエクステンションと組み合わせると、表と裏をバランスよく引き締めることができます。

動作中、つま先を床につけないようにし、膝の位置は固定し動かさないように注意しましょう。
動かすのは、膝の曲げ伸ばしだけになります。

膝が床に当たって痛い場合は、膝の下にクッションやタオルを置いて行うとよいでしょう。

ポイント

  • 【力を加える】 膝の角度が90度になるまで、ゆっくりと膝を曲げる
  • 【元の姿勢に戻る】 チューブの反発に逆らうようにブレーキをかけながらゆっくりと戻る
  • 脚を下ろした時、つま先を床に付けないようにする(浮かした状態を保つ)
  • 膝の位置を固定し動かさないようにする
  • 動作中は、太もも裏の筋肉が使われていることを意識する

目標回数

左右各10~20回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ