ふくらはぎの筋膜をリリースする方法です。ストレッチポールの上に片方のふくらはぎを乗せて、もう片方を脚の上に乗せます。その姿勢から、脚を回転させながらポールにふくらはぎを押し付けて圧を加えていきます。動画ではテニスボールで行う方法も紹介しています。


スポンサーリンク
筋膜リリース一覧

対象

ふくらはぎのコリや固さ、つっぱりを感じている方

リリース部位

ふくらはぎ

圧をかける時間

60秒~90秒(程度によって3分~5分まで延長)

手法解説

座った状態で脚を伸ばし、ふくらはぎの下にストレッチポールを置きます。
リリースする側の脚を下にし、もう一方を上に乗せた体勢がスタートポジションになります。

この体勢から脚を左右に動かしながら、圧をかけていきます。
位置をずらしながら、ふくらなぎにまんべんなく圧をかけていくようにしましょう。

コリや張り、痛みが生じる箇所があれば、その部分には入念に圧をかけるようにします。
片脚が終わったら、脚を入れ替えて逆の脚も行います。

テニスボールを使ったやり方は、膝立ちになり、太ももと脚の間にテニスボールを挟む形で行います。
挟んだ状態で太ももをテニスボールに押し付けるようして体重をかけて圧をかけていきます。
テニスボールの位置をずらしながら、まんべんなく行います。
この場合も特にコリや張り、痛みが生じる箇所は入念に圧をかけるようにしましょう。

ポイントとしては、つま先を立てた状態で行うことです。(正座のようにつま先をの伸ばした状態で行うと、ふくらはぎが緩んだ状態になり、リリースを行う場合においては、ほぐしにくい状態になってしまうため)
片脚が終わったら、脚を入れ替えて逆の脚も行います。

ストレッチポールテニスボール(野球のボールでもOK)は、事前に用意しておきましょう。

筋膜リリース以外の効果

ふくらはぎは”むくみ”に悩んでいる方も多いかと思います。
筋膜に限らず、日頃から血流を良くし、老廃物を除去しておくことはむくみの予防にもなるので、マッサージとして習慣にするのもおすすめです。

ふくらはぎの筋ポンプ作用により血流が良好になることで、冷えの改善にも役立ちます。
実際にやってみると分かりますが、足先からポカポカしてくるのを感じることができると思います。
ぜひ、冷え性の方も取り入れてみて下さい。

自分一人でできる「セルフ筋膜リリース」の方法動画一覧

こちらの記事もどうぞ