小胸筋の筋膜をリリースする方法です。うつ伏せになり、テニスボールを小胸筋(肩・三角筋と大胸筋の間のくぼみあたり)にセットします。その姿勢から、脇を開いたり閉じたりして腕を前後させながら圧を加えていきます。


スポンサーリンク
筋膜リリース一覧

対象

小胸筋のコリや固さを感じている方
猫背気味の方・猫背の方

リリース部位

小胸筋

圧をかける時間

60秒~90秒(程度によって3分~5分まで延長)

手法解説

テニスボールを床に置き、うつ伏せになります。
テニスボールをセットする位置は、肩と胸の間あたり(肩の下から斜め下(内側)に向かった部分)になります。

小胸筋は、肩関節近くから斜め内側に向かって走っています。

小胸筋は、大胸筋に覆われているため、基本的(※)には触ることができない筋肉です。
(※肩甲骨を力強く引き下げた時に上部でわずかに触れることができます)
そのため、小胸筋のリリースは大胸筋の上から間接的にリリースすることとなります。

セットしたら、腕を前後させて(脇を閉じたり開いたりするイメージ)圧を加えていきます。

座り仕事をしている人などは、小胸筋が固くなっている場合があります。
定期的にリリースすることで猫背(※)や肩甲骨、肩周辺の不調を改善・予防することにもつながります。
(※)小胸筋は肩甲骨を外転させる(外側に広げる)機能があるため、固くなると肩が前に出やすくなり、猫背または猫背気味になる一因となる。

テニスボールは、事前に用意しておきましょう。

自分一人でできる「セルフ筋膜リリース」の方法動画一覧

こちらの記事もどうぞ