太もも前側の筋肉・大腿四頭筋の筋膜をリリースする方法です。肘をつき、横向きに置いたストレッチポールの上に両脚を伸ばしたまま太ももを乗せます。この姿勢から、肘の角度を広げたり、狭くしたりして太ももの位置を変えながら圧を加えていきます。


スポンサーリンク
筋膜リリース一覧

対象

大腿四頭筋(太もも前・表)のコリや固さ、つっぱりを感じている方

リリース部位

大腿四頭筋(太もも前・表)

圧をかける時間

60秒~90秒(程度によって3分~5分まで延長)

手法解説

ストレッチポールを横向きに置いて、太もも前側をポールに乗せる形でうつ伏せになります。
その時、胸を付けずに肘を付いた体勢を取ります。

コリや張りなどを感じる箇所があれば、その部分に対しては静止した状態で入念に圧をかけるようにします。

もし、あまり効いている感じがしないようであれば、片脚をもう一方の脚の上に乗せ(脚を組む)、片足ずつ行うようにしてみましょう。
こうすることで、荷重が高まり圧がより強くなります。

また、前後だけでなく、やや左右にも移動させることができるため、太ももの曲面に沿った形で、リリースできるポイントを広げることができます。
片脚の場合は、両脚行うようにします。

ストレッチポールは、事前に用意しておきましょう。

自分一人でできる「セルフ筋膜リリース」の方法動画一覧

こちらの記事もどうぞ