太もも裏の筋肉・ハムストリングスの筋膜をリリースする方法です。横無向きに置いたストレッチポールの上に太ももを乗せて、脚を組んで固定します。この姿勢から、太ももを前後左右に移動させながら、圧を加えていきます。


スポンサーリンク
筋膜リリース一覧

対象

ハムストリングス(太もも裏)のコリや固さ、つっぱりを感じている方

リリース部位

ハムストリングス(太もも裏)

圧をかける時間

60秒~90秒(程度によって3分~5分まで延長)

手法解説

仰向けになり、肘をついて上体を立てた体勢を取ります。
その体勢から横向きにしたストレッチポールの上に太ももの裏を乗せます。

リリースは片脚ずつ行いますので、組むようにして片脚をもう一方の脚に乗せます。
(片脚を組むのは太ももの裏に対して圧をかけられる範囲を広げられるのと、荷重をかけやすくする目的があります)
この体勢からお尻を軽く浮かし、スタートポジションを取ります。

この状態で体を前後させながら、太ももの裏に圧をかけていきます。
コリや張りを感じる箇所があれば、その部分に対して入念に圧をかけるようにします。
これを両方の太もも裏に対して行います。

片脚を組んだ形の場合、人によっては圧がかかり過ぎて痛みを生じる場合があります。
その場合は、両脚とも伸ばして両方の太もも裏に対して同時に圧をかけるようにするとよいでしょう。

ストレッチポールは、事前に用意しておきましょう。

自分一人でできる「セルフ筋膜リリース」の方法動画一覧

こちらの記事もどうぞ