筋トレ3原則

筋トレ3原則-適切なトレーニング・休養・栄養
 

筋トレTV YouTubeチャンネル PICK UP

再生をクリックすると筋トレTV YouTubeチャンネルでご覧いただけます。
いまや定番の腹筋トレーニング「クランチ」
お尻を鍛える/パンプアップトレーニング
ダンベルプレス/大胸筋の鍛え方
 

いますぐできる肉体改造メニュー

ヒップアップを目指す場合に重要となる筋肉は、大臀筋(だいでんきん)というお尻のシルエットを作る筋肉。
大臀筋が弱かったり、衰えていたら、上に乗っかている脂肪は重力に逆らえず、次第に垂れてきてしまいます。
そこで、大臀筋を鍛えてお尻の脂肪を本来ある位置に引き上げることが急務となるのです。続きを見る>>

特にお腹が少し出てきたかなと意識している人向けの「腹筋引き締めプログラム」です。

腹筋を引き締める場合に重要な働きをする筋肉は、一番お腹の表面に近い腹直筋、その下にある腹斜筋、さらにその下にある腹横筋です。 続きを見る>>

「握力を付けたい・・・」 男子たるもの一度は握力を鍛えようと思ったことがあるのではないでしょうか。

・ やっているスポーツ競技で必要だから
・ 友達に握力勝負で負けたから
・ リンゴを握りつぶしたいから
・ ただ、ただ・・・強くなりたいから 続きを見る>>

うしろ姿は自分でよく見られない分、普段なかなか意識することがありません。

でも意外と見られているのが背中。
歩いている時、すれ違いざまなど前から見るのは何となく気まずいので、あまり凝視できない。 続きを見る>>

寒くなる季節、洋服で隠れているからと気を抜きがちな自分のカラダ。

暖かくなってきた時にはもう手遅れ。。。 ってことにならないように寒い季節だからこそ、肌の露出が多くなる暖かい季節の準備をしておきたいところです。 続きを見る>>

「太ももの脂肪が多く、上半身とのバランスが悪い人」
「下半身の筋肉が少なく、足腰が弱い人」
「下半身のシルエットよくしたい人」
「筋肉を付けてメリハリのある太ももにしたい人」

におすすめのトレーニングメニューです。 続きを見る>>

 

サイドベンド

鍛えられる筋肉
第1ターゲット ・・・ 腹斜筋

種目解説
サイドベントは、立った姿勢で手に持ったダンベルの重量を利用して腹斜筋(横腹)を鍛えるトレーニング方法の一つです。
ウエストの引き締め、脂肪燃焼に効果的なトレーニングです。
体が斜めになったり、前後に揺れないよう真横に倒すことを心がけましょう。下半身は固定し、脚を曲げたり、お尻が左右に突き出ないように注意しましょう。

ポイント
・ ダンベルの重量を感じながら、ゆっくり体を傾ける
・ 元に戻る時は横腹でダンベルを吊り下げるイメージでゆっくり戻る
・ 上体のみを動作させる
・ ダンベルは常に体の真横に位置させる
・ 常に横腹(腹斜筋)の筋肉を意識する

目標回数
左右各15~20回×2~3セット

ブログ・サイト貼り付けタグ 下のタグをコピーして貼り付けて下さい。

スポンサーリンク
 

関連動画・コンテンツ

 

新着コンテンツ

 

新着動画 肩のストレッチ/ストレッチポール

画像をクリックすると筋トレTV YouTubeチャンネルでご覧いただけます。
 
 

特集

 

新着 筋トレ情報

 

筋トレ動画チャンネル

 

筋トレ はじめる前の基礎知識

 

筋トレQ&A

 

人気コンテンツ ベスト5

 

スカイプでパーソナルトレーニング

高木宏一郎トレーナーが代表を務めるBody Making Gym eight主催のオンライン・パーソナルトレーニングサービスが始まりました。 現在、オープンニングとして高木トレーナーの先行募集を行っています。

オンライン・パーソナルトレーニング「Training Revolution」
 

タグクラウド

 

相互リンク

 

筋トレ動画・実践リンク集

 

Special