腹斜筋を鍛えるための「サイドベンド」のトレーニング方法を実演・解説します。立った姿勢でダンベルを持ち、腰を起点に上体を倒すことで腹斜筋を鍛えます。筋トレを始めたばかりでダンベルがない場合は、中身の入ったペットボトルを利用するとよいでしょう。

スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 腹斜筋

種目解説

サイドベントは、立った姿勢で手に持ったダンベルの重量を利用して腹斜筋(横腹)を鍛えるトレーニング方法の一つです。
ウエストの引き締め、脂肪燃焼に効果的なトレーニングです。

体が斜めになったり、前後に揺れないよう真横に倒すことを心がけましょう。下半身は固定し、脚を曲げたり、お尻が左右に突き出ないように注意しましょう。

ポイント

  • ダンベルの重量を感じながら、ゆっくり体を傾ける
  • 元に戻る時は横腹でダンベルを吊り下げるイメージでゆっくり戻る
  • 上体のみを動作させる
  • ダンベルは常に体の真横に位置させる
  • 常に横腹(腹斜筋)の筋肉を意識する

目標回数

左右各15~20回×2~3セット

スポンサーリンク
おすすめプロテイン