腹筋下部と腸腰筋を鍛える「ニートゥーチェスト」のトレーニング方法を実演・解説します。上体を起こした姿勢から股関節と膝を曲げて太ももを胸の方へ寄せることで腹筋下部と腸腰筋を鍛えることができる筋トレ種目です。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 腹筋下部 腸腰筋
※腸腰筋=腸骨筋、大腰筋、小腰筋から構成される腹部の深い位置にある筋肉・インナーマッスルの一つ。

種目解説

ニートゥーチェストは、上体を起こした状態から脚を胸に引き寄せることで下腹部(腹直筋下部)の強化を目指す腹筋トレーニングの一つです。

下腹部の強化に伴い、下腹の引き締め、お腹ぽっこりの解消、腸腰筋の強化により骨盤の安定、内臓の位置調整などに効果が期待されます。

体を支えるときの手は指先をお尻の方に向け、体がぐらつかないようしっかり支えるようにします。

椅子を用いて行なう場合は、伸ばした脚をお尻よりも下げた状態から行なうとより負荷が高まり効果的です。通常のトレーニングでは物足りなくなったときに実践することをオススメします。

ポイント

  • 脚は動作中、常に床から浮かした状態にする
  • 下腹部への負荷を感じながら、ひざをゆっくり体に近づける
  • 元の体勢に戻る時もゆっくり脚を伸ばし、下腹に負荷がかかっていることを意識する

目標回数

15~20回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ

この記事をシェアする

  • facebook
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • twitter