腹筋と腸腰筋を鍛える「ニータッチ・シットアップ」のトレーニング方法を実演・解説します。腕を頭上に伸ばした体勢から、腰を曲げると同時に手を前に伸ばして膝にタッチすることで腹筋と腸腰筋が鍛えられる筋トレ種目です。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 腹直筋 腸腰筋
※腸腰筋=腸骨筋、大腰筋、小腰筋から構成される腹部の深い位置にある筋肉・インナーマッスルの一つ。

種目解説

ニータッチ・シットアップは、バンザイの体勢から軽く勢いをつけて上体を起こし、ひざにタッチする腹筋のトレーニングの一つです。

体を丸めながら上体を起こすことで、腹直筋、腸腰筋に負荷をかけ、腹筋の強化・引き締め・脂肪燃焼、骨盤の安定、内臓の位置を整えることなどに効果が期待されます。

慣れてきたり、マンネリ化してきた場合は、つま先タッチに切り替えてもよいでしょう。

シットアップ同様、ニータッチ・シットアップは、腰への負担が大きいため、腰痛持ちや腰に不安のある人はシットアップ系トレーニングは控え、クランチ系のトレーニングをオススメします。

ポイント

  • 腕を前方へ伸ばす際は、軽く反動を付けてもOK
    ※ただし体力が付き、反動を付けずに行なえるようになれば、より負荷が高まり効果的
  • 腕を前方に出したあとは、反動に頼らない。腹筋が固くなっていることを意識する
  • 足が動かないようにしっかり固定する
  • 戻るときは、常に腹筋に負荷をかけた状態にし、ゆっくり戻る

目標回数

15~20回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ