「サイド・レッグリフト」は、腹斜筋をメインに鍛えるバランスボール種目です。横向きの姿勢でバランスボールを脚に挟んでボールを上下させることで腹斜筋を鍛えることができます。脚を上げると言うよりも腰を起点に体を曲げるようにするのがコツです。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 腹斜筋

種目解説

サイド・レッグリフトは、「横向きに寝て、バランスボールを足の間に挟み、下半身を腰から曲げて上下させる」動作により腹斜筋の強化を目指す腹筋トレーニングです。

ウエストの引き締め、横腹の脂肪燃焼などに効果が期待されます。

下半身を上げる時、腰をしっかりと折り曲げ、真上に上げるようにしましょう。
わき腹の筋肉が十分に使われていることを意識して行うことが大切です。

ポイント

  • 腰を曲げ、ゆっくりと下半身を上げる
  • 戻る時もブレーキをかけながらゆっくりと戻る
  • 上げた下半身が前後に傾かないように注意
  • 動作中、常に腹斜筋(わき腹)が使われていることを意識する

目標回数

左右各10~20回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ