「ローテーション」はわき腹の筋肉・腹斜筋を鍛えることができる筋力トレーニングです。動作は脚に挟んだボールを垂直に上げて、ワイパーのように左右に倒します。この時、腰を起点に動作するようにして上背部は常に床に付けたままにするのがポイントです。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 腹斜筋

種目解説

ローテーションは、「バランスボールをはさんだ脚を垂直に立て、腰をひねりながらボールを床に近づける」動作により腹斜筋の強化を目指すトレーニングです。

腹斜筋の引き締め、強化、脂肪燃焼、ウエストラインの維持・向上などに効果が期待されます。
わき腹脂肪やウエストラインが気になる方は種目選択のひとつとして検討するとよいでしょう。

脚を倒すとき、腰にひねりを加えることを意識し、肩が上がらないように注意しましょう。
上背部が浮かないように、左右に広げた両腕を床に吸い付けた状態にするのがコツです。

ポイント

  • 【力を加える】 腰にひねりを加えながら、ゆっくりと脚を倒す
  • 腰からひねることを意識し、肩は床に付けたままにする
  • 動作中、基本姿勢(脚を垂直に上げた姿勢)で一時停止せず、振り子のように動作を継続させる
  • 常に腹筋を使っていることを意識する

目標回数

10~20回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ