バランスボールで行う「プルオーバー」は、腹斜筋を鍛えることができる筋トレ種目です。バランスボールに仰向けになって、体を伸ばしたところから上体をひねりながら起き上がることで脇腹の筋肉を鍛えることができます。

ダンベルは軽い負荷で始めるようにして下さい。
トレーニング当初は、ボールまたは何も持たずに行ないます。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 腹斜筋
第2ターゲット ・・・ 腸腰筋
※腸腰筋=腸骨筋、大腰筋、小腰筋から構成される腹部の深い位置にある筋肉・インナーマッスルの一つ。

種目解説

プルオーバー/バランスボールは、「バランスボールの上に背中を置き、手に持った小さいボールを頭の方に振りかざした体勢から、体をひねり上体を起こす」動作により腹斜筋、腸腰筋の強化を目指す腹筋トレーニングです。

ウエストの引き締め、横腹の脂肪燃焼、骨盤の安定、ウエストラインの維持・向上、内臓の位置を整えることなどに効果が期待されます。

上体をひねりながらボールをひねった方のかかとにタッチするイメージで行なうと良いでしょう。

小さいボールがない場合は、何も持たずボールを持っているイメージで行なってもOKです。

手だけをひねるのではなく、腰を起点としてしっかりとひねるのがポイントです。

ポイント

  • 【力を加える】 反動を使わず、ひねりを加えながらながらゆっくり起き上がる
  • 【元の姿勢に戻る】 ひねりをほどきながら、ゆっくり戻る
  • ひねりを加えた方のかかとに小ボールをタッチするイメージ
  • 手だけを横にずらした状態にならないよう、腰からしっかりひねりを加える
  • 動作中、常に腹筋を意識する

目標回数

10~20回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ