「ボールツイスト」は、腹横筋および腹筋下部を鍛えることができる体幹トレーニングの種目です。腰を動かさずに股関節のひねりでボールを回転させるようにします。動作のあいだ腹部を持続的に固めて保持するため、腹横筋にも働きかけることになります。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 腹横筋 腹筋下部

種目解説

ボールツイストは、「仰向けに寝て脚を浮かせた状態からバランスボールを足ではさみ、股関節にひねりを加えてボールを回転させる」動作により腹横筋、腹筋下部の強化、引き締めを目指す腹筋トレーニングです。

腹筋下部の強化・引き締め・脂肪燃焼、姿勢の安定、骨盤の安定、ウエストラインの維持・向上、内臓の位置を整えることなどに効果が期待されます。

腹横筋は腹斜筋(内腹斜筋)下の深い位置にあり、機能としては「内臓を正しい位置に保つこと」と「姿勢を安定させること」にあります。
このことから、コルセットの役目を担う筋肉であるといえ、強化することでウエストの引き締めやウエストサイズダウンなどにも効果を発揮します。

また、体幹の安定性にも寄与し、スポーツパフォーマンスの向上に有効となります。
スポーツをしている方は、当たり負けない体、ぶれない軸をつくるために、選択肢の一つとして検討できる筋トレ種目です。

ポイント

  • 腰を床に付けたまま股関節にひねりを加えボールを左右に回転させる
  • 腕を広げ、頭は床から浮かした状態に
  • 動作中、腹筋下部に力が加わっていることを意識する

目標回数

10~20回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ