バランスボールで行う「レッグリフト」は、腹筋下部を鍛えることができる筋力トレーニングです。動画ではギムボールで行っていますが、バランスボールで行うこともできます。脚を真上に突き上げるようにするのがポイントです。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 腹筋下部

種目解説

レッグリフトは、「足にソフトジム(バランスボールの小型版)をはさみ、脚を垂直に上げた状態からお尻を浮かす」動作により腹筋下部(下腹部)の引き締め、強化を目指す腹筋トレーニングの一つです。

下腹の引き締め・筋力アップ・脂肪燃焼、ぽっこりお腹の解消などに効果が期待されます。

腰から下背部を浮かしてボールを天井に突き上げるようにするのがポイントです。

元の体勢に戻る時に出来る限りブレーキをかけながらゆっくり下ろすようにし、お尻は完全に下ろしきらないようにすることが大切です。

ポイント

  • 【力を加える】 お尻を上げるときは、やや反動を使ってもOK
  • 【元の姿勢に戻る】 戻る時は、可能な限りブレーキをかけながらゆっくり下ろす
  • 天井に向かってお尻を突き上げるようにする
  • 動作中、お尻は床に付けない
  • 両手を床に付けて、上体をしっかりと固定しておく
  • 脚は垂直を保ち、倒れていかないように
  • 常に下腹部を意識し、負荷がかかっていることを実感する

目標回数

10~20回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ