アームレッグクロスレイズは、腹横筋(腹部)や多裂筋(背部)など体の安定性を保持する筋群を鍛えることができる体幹トレーニングです。不安定な状態で動作するため、バランス力のアップにも有効です。背筋をまっすぐに保ち、腕と脚をしっかりと上げることを意識しましょう。


スポンサーリンク
体幹トレーニング一覧

鍛えられる筋肉

腹横筋(腹部)・多裂筋(背部)・脊柱起立筋・大でん筋

種目解説

アームレッグクロスレイズは、四つんばいの姿勢から対角にある腕と脚を上げて腹部と背部の両面から筋肉に働きかける体幹トレーニングです。

このトレーニングでは、対角にある腕と脚を上げることで、必然的にバランスを保つ努力が強いられます。加えて、お腹が下がらないように筋肉の緊張を持続させる必要があります。

それにより、筋肉に微細な運動が生じ、特に腹部と背部の深層筋である腹横筋(腹部を腹巻のように覆っている深層筋)と多裂筋(背骨周辺にある深層筋)が積極的に働くことになり、ぽっこりお腹の改善・姿勢改善・腰痛改善などに効果的です。

また、脚を上げる動作により、お尻の引き締めやヒップアップ、脊柱起立筋の強化にも効果的です。

バランス力の向上や姿勢の維持にも有効なトレーニングとなっています。

関連トレーニングの難易度

(5)にいく程、難易度と効果が上がります

  1. エルボーニーストレッチ
  2. エルボートゥーストレッチ
  3. ハンドニーストレッチ
  4. ハンドトゥーストレッチ
  5. アームレッグクロスレイズ ※このページのトレーニング

ポイント

  • 腕と脚を上げるときにお腹を背中にくっつけるイメージでへこまし保持することで腹横筋に対してより効果的。
  • 背中をまっすぐに保ち、反らしたり、丸めないように。
  • 腕と脚をしっかり上げるようにする。

目標回数

左右各10回×3セット

こちらの記事もどうぞ