結論から言うと、普通に筋トレするだけで女性がムキムキになることはありません

では何故なのか、解説したいと思います。

女性の体は、女性ホルモンであるエストロゲンの影響から、筋肉を大きくすることについては不得意で、体脂肪を蓄えることを得意としています。
つまり、女性がムキムキになるためには、相当な努力を強いられることになり、筋肥大においては大きなハンデを負っていると言えるのです。

例えば、ボディビルダーを目指すなど、相当にハードなトレーニングを繰り返さないとムキムキになることはないのです

それでも、女性ボディビルダーと男性ボディビルダーとを見比べると分かると思いますが、男性のように大きくなることはありません。

逆に男性の場合は男性ホルモンであるテストステロンが筋タンパク質合成を促す役目があることから、筋量を増やすことを得意としています。
つまり、筋肉がつきやすく、ムキムキになりやすいんですね。

ただし、筋肉がつきやすいとはいっても、簡単につくわけではなく、しっかりと追い込んだトレーニングを継続していく中で時間をかけてゆっくりと増加していくことになります。

男性でもそこまでしないとムキムキは実現できないことを考えると、テストステロンが少ない(男性の”10分の1~20分の1”)女性が目に見える形で筋肉をつけていくことが、いかに困難か分かると思います。

もっと言えば、女性は、男性と全く同じトレーニングをしたとしても男性のようにはならないのです。

さらに言えば、男性以上にトレーニングをしても、密度が高く、パーツが浮き上がった筋肉は作られるとしても、際立って肥大していくには限界があるでしょう。

アスリートの場合はどうでしょうか。

競技にもよりますが、一般に男性では筋肉が目立った”たくましい”体型をしているのに対し、女性はスマートな体つきをしています。

女性アスリートも男性アスリートと同じように日々トレーニングを積んでいるにも関わらず、筋肉でゴツゴツした印象はあまり受けないと思います。

むしろ、女性から見てもスタイルがよいと感じることが多いのではないでしょうか。

このことから言えるのは、女性もしっかりと追い込んで筋トレを進めていけば、スタイルの美しさを洗練させていくことができ、筋トレをやってない人に比べて見た目に差がつくと同時に健康的な体が手に入るということです。

筋トレの方法

筋トレの方法については、一般的な方法に従いトレーニングを進めていくことになります。
つまり、男性と同じように行います

もちろん、体力的に扱える重量や種目(腕立て伏せの場合、膝を付いて行ったり)には違いが出てきますが、方法としては同じになります。

筋肥大トレーニング

筋肉をつけて体のシルエット良くしたい場合は、筋肥大トレーニングを取り入れるのが有効となります。

この場合、10回前後が限界になる重量でまずは鍛えたい部位ごとに1セットずつトレーニングします。
目的と負荷の関係についてはこちらのページを参照ください

慣れてきたら各部位2~3セットでメニューを組み、筋肉に過負荷を与えて効果を引き出していきます。

これが結構重要で、女性の多くは限界まで追い込もうとしない傾向にあります。

例えば、10回行うと決めたら、そのまま15回できるとしても10回で終わってしまいます。

この場合、10回以上行けるなら10回で止めずに反復できなくなるまで動作するのが正解です。
大正解は、最初から10回前後が限界になる重量に調節して行うことです。

大切なのは、最後の10回目、またはその前後で力を振り絞って最後の反復を終えることです。
そうすることで、女性の場合は、ほどよく筋肉つき、スタイルアップに大きく貢献することになります。

また、筋肉がつくことで基礎代謝が向上し、太りにくい体も作ることができます。

食事制限に比重を置いたダイエットでは継続することが難しかったり、ダイエット前の体重を越えてリバウンドりたりと非常に難しい面があります。
これは食事制限を一生続けていくことが現実的に難しいと言うことと、筋肉が減って代謝が落ちてしまうことで起こってしまう悲劇です。

一方、筋トレで太りにくい体を作れば暴飲暴食はいけませんが、普段通り食事をしていても脂肪がつきにくくなり、いつまでもスタイリッシュで若々しい体を保つことができます。

筋肥大と聞くとゴツゴツしてしまうんじゃないかと心配になるかも知れませんが、上記で解説したように筋肉ムキムキにはなることはありません。

騙されたと思って筋肥大トレーニングしてみて下さい。
きっと、新しい自分に出会えるはずです。

筋持久力トレーニング

筋持久力トレーニングもスタイルアップに役立てることができます。

ボディデザイン面で筋肥大と違うところは、筋肥大トレーニングが筋肉を付けてスタイルアップを目指していくのに対して、筋持久力トレーニングでは筋肉を引き締めることによってスタイルアップを目指していきます。

別の言い方をすれば、筋肥大トレーニングはメリハリのついた体型になれるのに対して、筋持久力トレーニングは細く引き締まった体型になれると言えます。

筋持久力トレーニング方法は、1セットあたり20回以上反復する方法を取ります。
目的と負荷の関係についてはこちらのページを参照ください

この場合も筋肥大と同じで、最後は力を振り絞ってセットを終えるようにします。

余裕を持って終わらないようにすることで、筋肉が十分に反応するレベルまで刺激でき、効果を引き出すことができます。

筋肉が引き締まることはもちろんですが、筋持久力が増すことで日常生活での活動レベルが上がり、それに伴い消費エネルギーも増えることになります。
その結果、筋肥大とも共通しますが、1日の消費エネルギーの向上に伴う脂肪燃焼も期待できます。

いままで筋トレを敬遠してきた方は、ぜひ筋トレ習慣を身に付けて、一目置かれるスタイルを手に入れて下さい。

スタイルがよくなったり、代謝が上がったり、太りにくい体を作れたり、これらをあなた自身で可能にできる最高の習慣が筋トレです。

1日1分からでもいいです。
まずはやってみること。
そして、習慣にして下さい。

こちらの記事もどうぞ