ハンドトゥーストレッチによる腹筋・背筋の鍛え方を実演・解説します。多裂筋(背部)、脊柱起立筋、腹横筋をはじめ、大でん筋を鍛えることができる体幹トレーニングです。ハンドニーストレッチに比べ、脚を伸ばした状態行うため強度が高くなっています。


スポンサーリンク
体幹トレーニング一覧

鍛えられる筋肉

多裂筋(背部)・脊柱起立筋・腹横筋(腹部)・大でん筋

種目解説

ハンドトゥーストレッチは、肘と脚を伸ばした四つんばいの姿勢から片脚を引き上げる動作によって、腹部・背部・でん部にかけての筋肉に働きかける体幹トレーニングです。

このトレーニングでは、脚を伸ばした(ひざを付けない)姿勢をとるため、ハンドニーストレッチよりもバランスを取るのが難しく、腹筋の深部にある腹横筋や背骨周辺にある多裂筋がより刺激を受けることになります。

ただ、腕と脚を同時に上げるアームレッグクロスレイズよりはバランスを取るのが容易になります。楽にできるようになったら、アームレッグクロスレイズにチャレンジしてみて下さい。

また、脚を上げる動作により、お尻の大きな筋肉である大でん筋と背中の中心に走る脊柱起立筋も刺激されます。
姿勢改善・腰痛改善・ヒップアップなどに効果的です。

関連トレーニングの難易度

(5)にいく程、難易度と効果が上がります

  1. エルボーニーストレッチ
  2. エルボートゥーストレッチ
  3. ハンドニーストレッチ
  4. ハンドトゥーストレッチ ※このページのトレーニング
  5. アームレッグクロスレイズ

ポイント

  • 動作中、お腹を背中にくっつけるイメージでへこました状態を保持することで腹横筋により効果的。
  • お腹が落ちないように注意し、脚をしっかりと上げるようにする。

目標回数

左右各10回×3セット

こちらの記事もどうぞ