エルボーニーストレッチは、腰(ウエスト)周りからお尻にかけて鍛えることができる体幹トレーニングです。脚を上げたとき、体から脚までが一直線になるようにするのがポイントです。お尻も収縮させ、しっかりと上げるようにしましょう。


スポンサーリンク
体幹トレーニング一覧

鍛えられる筋肉

多裂筋(背部)・脊柱起立筋・腹横筋(腹部)・大でん筋

種目解説

エルボーニーストレッチは、ひじを床につけた四つんばいの姿勢から片脚を引き上げる動作によって、背部(腰周り)からでん部にかけての筋肉に働きかける体幹トレーニングです。

このトレーニングでは、片脚を上げる動作によって体を支える支点が一つ少なくなり、バランスを取ることが要求されます。
その際、体が左右に傾かないように背骨近くにある多裂筋が働くことになります。また、脚を上げることでお尻の大きな筋肉である大でん筋や背中の中心に走る脊柱起立筋が働きます。

ただ、脚を伸ばした姿勢で行うエルボートゥーストレッチよりはバランスを取ることが容易なトレーニングなので、その分体幹への負荷は少なくなります。そのため、トレーニング初心者の方(特に女性)が最初に行うのに向いているトレーニングであると言えるでしょう。

楽にできるようになったら、エルボートゥーストレッチにステップアップしてみて下さい。

姿勢改善・腰痛改善・ヒップアップ、体幹強化によるスポーツパフォーマンスアップなどに効果的です。

関連トレーニングの難易度

(5)にいく程、難易度と効果が上がります

  1. エルボーニーストレッチ ※このページのトレーニング
  2. エルボートゥーストレッチ
  3. ハンドニーストレッチ
  4. ハンドトゥーストレッチ
  5. アームレッグクロスレイズ

ポイント

  • 動作中、お腹を背中にくっつけるイメージでへこました状態を保つことで腹横筋に対しても効果的。
  • 背中をまっすぐに保ち、反らしたり、丸めないように。

目標回数

左右各10回×3セット

こちらの記事もどうぞ