腰・お尻・太もも・股関節を合わせて行うダイナミックストレッチです。腰をひねると同時に脚を逆方向へ大きく蹴り上げてストレッチします。腰から太ももの裏にストレッチ感を感じられればベストです。スポーツ前、運動前や下半身の筋トレを行う日のウォーミングアップとして取り入れると効果的です。


スポンサーリンク

ストレッチの部位

腰、お尻、太もも、股関節

タイミング

スポーツ前、運動前、筋トレ前

概要

スポーツ前・運動前・筋トレ前に行なう腰から太ももにかけてのダイナミックストレッチです。

ストレッチの目的

共通 ・・・ 股関節の可動域拡大、怪我の予防、筋温を高める
スポーツ前 ・・・ 実際の動きに即した筋肉・関節の柔軟性を高めると共にウォームアップ効果があり、スムーズな運動へと移行できる。

ポイント

  • 上半身と下半身を逆方向にひねる
  • 野外など広いところで行うときは、振り返らずに一歩ずつ前進しながら動作する

実践回数

左右各5~10回

こちらの記事もどうぞ