お尻・太もも・股関節を合わせて行うダイナミックストレッチです。太ももを引き付けたあと、引き付けた方の脚を前に踏み出す形でストレッチします。お尻から太ももの裏にストレッチ感を感じられればベストです。スポーツ前、運動前や下半身の筋トレを行う日のウォーミングアップとして取り入れると効果的です。


スポンサーリンク

ストレッチの部位

お尻、太もも、股関節

タイミング

スポーツ前、運動前、筋トレ前

概要

スポーツ前・運動前・筋トレ前に行なう股関節周りのダイナミックストレッチです。

ストレッチの目的

共通 ・・・ 股関節の可動域拡大、怪我の予防、筋温を高める
スポーツ前 ・・・ 実際の動きに即した筋肉・関節の柔軟性を高めると共にウォームアップ効果があり、スムーズな運動へと移行できる。

ポイント

  • 一歩前に踏み出した際、後ろ足をしっかり伸ばし、前足は太ももが床と平行になるようしっかりと腰を落とす
  • 踏み出して腰を落とすとき、上体が前のめりにならないように注意
  • 野外など広いところで行うときは、振り返らずに一歩ずつ前進しながら動作する

実践回数

左右各5~10回

こちらの記事もどうぞ