バランスボールで行う「バックエクステンション」は、ボールの上にうつ伏せになった体勢で背筋運動を行うことで脊柱起立筋を鍛えることができるバランスボールトレーニングです。腰の中心あたりを意識して、しっかりと上体を上げるようにしてみましょう。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 脊柱起立筋

種目解説

バックエクステンション/バランスボールは、「バランスボールの上でうつぶせに寝た体勢から上体を反らせる」動作により主として脊柱起立筋の強化を目指す背筋トレーニングです。

背中の引き締め、背中のシルエット調整、姿勢の調整・改善などに効果が期待されます。

筋肥大の効果は低いですが、腰回り、ウエスト周りのスタイルアップに有効です。
腰回りを引き締めてバランスのとれた体を作りたい人は、ぜひシェイプアップのメニューとして取り入れて下さい。

勢いをつけて反らすと腰を痛める原因になります。背中に力を加え、ゆっくりと反らしていくようにしましょう。

ポイント

  • 【力を加える】 勢いで反らさず、背中の筋肉を使ってゆっくり反らす
  • 【元の姿勢に戻る】 惰性で下ろすのではなくブレーキをかけながらゆっくり下ろす
  • 無理のない範囲で反らす。体を揺らし、ボールをバウンドさせると危険
  • 背筋を使っていることを意識する

目標回数

10~20回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ