ワイドスクワットで太ももの内側の筋肉・内転筋群・太ももの前後、そしてお尻を鍛える体力アップトレーニングです。ここでのワイドスクワットもご高齢の方などに向けた筋トレになりますので、深くしゃがみ込まず、無理のない範囲で行うのがポイントです。


スポンサーリンク
体力アップトレーニング一覧

対象

60歳以上の方・体力の衰えを感じている方・運動不足の方

鍛えられる筋肉

内転筋群・太もも前

種目解説

ワイドスクワットもスクワット同様、60歳以上の方や体力に自信のない方は深くしゃがまないことがポイントです。

太ももが平行になる手前までしゃがみ、元の姿勢に戻るといった動作を繰り返します。

平行になる手前でもしゃがむことが難しい場合は、浅くでいいので自分がしゃがめる範囲でしゃがむようにしましょう。
高齢者や運動不足の方は、無理に深くしゃがみ過ぎると膝に負担がかかるため、体力の向上に応じて、徐々に深くしゃがんで動作するようにしてみましょう。

トレーニング当初は、体を慣らす意味においても、いまの体力レベル、筋力レベルに合わせて、負荷を調節(しゃがむ深さや回数)するようにしましょう。

15回反復できない場合は、しゃがむ深さを浅くしたり、テーブルに手を置いて動作してもOKです。補助者がいる場合は、手を添えて行うのもよいでしょう。
どうしても15回反復できない場合は、5回や10回などできる回数でOKです。
現在の体力に合わせて、徐々に体力アップを図っていくことが大切です。

★「60歳からの体力アップトレーニング」 注意事項(特に70歳以上)
立った姿勢で行う種目は、出来る限り家族の方などが補助に付いて、反復動作中やバランスを崩した場合などにサポートできる環境で行うことをお勧めします。

ポイント

  • しゃがんだ時、膝はつま先と同じ方向に向くようにする。
  • しゃがんだ時、膝がつま先よりもを前に出ないように注意する。
  • 手を前に伸ばしバランスを取る。
  • 高齢の方で一人で行うときは、バランスを崩した際に体を支えられるように、できる限り部屋の隅など壁により近い場所で行うようにして下さい。

目標回数

15回×2セット
(楽にできるようになったら、3セットに増やしてみましょう)

体力アップトレーニングの方法動画一覧

こちらの記事もどうぞ