「スイングプッシュアップ」は、大胸筋を鍛えることができる筋トレ種目です。手を肩幅よりも広く取り、お尻を上げた状態で四つんばいになります。この姿勢から肘を曲げ”水に潜って顔を出すようなイメージ”で動作することで大胸筋を鍛えることができます。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 大胸筋
第2ターゲット ・・・ 上腕三頭筋

種目解説

スイングプッシュアップは、「手と脚を床に付けお尻を上げた体勢から体を下ろし、その流れのまま元の体勢に戻る」動作により大胸筋の強化を目指す胸トレーニングです。

胸の引き締め・筋肉アップ、ボリュームアップ、筋力アップ、脂肪燃焼などに効果が期待されます。

体を下ろした時は、お尻も十分に下ろし、上げた時はお尻も十分に上げるようにします。下げ切った時、胸と顎が床すれすれになるように心がけましょう。

ポイント

  • お尻が上がった状態になるように手と脚の位置を調節する
  • 体を下げる時は、遠くにあるものを顎で触りに行くイメージで
    または、水に潜って顔を出すイメージで
  • 背筋を真っ直ぐにし、背中が丸まらないように
  • 動作中、常に胸の筋肉を意識する

目標回数

10~15回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ