「ダンベルフライ」は、大胸筋を鍛えることができる筋トレ種目です。ベンチに仰向けになってダンベルを横に開き、閉じるを繰り返すことによって大胸筋を鍛えることができます。胸の横の広がりを強調するのに有効な種目です。


スポンサーリンク

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 大胸筋

種目解説

ダンベルフライは、「ベンチに仰向けになり、ダンベルを上げた姿勢から、胸を十分に開きながら横に下げていく」動作により大胸筋の強化を目指す胸トレーニングです。

胸の引き締め・ボリュームアップ、筋肉アップ、筋力アップ、脂肪燃焼、胸の柔軟性向上、肺活量の向上などに効果が期待されます。
筋肥大においては、胸の広がりを出すのに有効な筋トレです。

筋繊維への微細な損傷が起こりやすい伸張性筋活動が強調されるので、筋肉痛になりやすい種目でもあります。

胸トレーニングのオーソドックスな種目ですが、可動域が広いためあまりにも重いダンベルから始めるのは危険です。軽い負荷からはじめ、体力の向上に伴って少しずつ負荷を高めていきましょう。

また、肘への負担を軽減するため、肘は軽く曲げた状態で行なうことを守って下さい。

ポイント

  • 垂直に上げた腕をブレーキをかけながら、ゆっくりと横に下ろす
  • 上げる時も勢いで上げず、胸を締めるようなイメージでゆっくりと上げる
  • ダンベルをしっかり握り、体に落とさないように注意する
  • 動作中、常に胸の筋肉を意識する

目標回数

15~20回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ