骨盤を前傾、後傾させることで、骨盤周り、腰回りの緊張やコリをほぐします。スポーツや筋トレ前のウォーミングアップに限らず、日頃から行うことで健康にも有効な体操です。姿勢の改善や骨盤のポジション安定などにも有効です。


スポンサーリンク

ストレッチ部位

腰、骨盤周辺

タイミング

スポーツ前、運動前、筋トレ前、いつでも

概要

スポーツ前・運動前・筋トレ前に行なう骨盤体操です。

姿勢の改善や腰から骨盤周りのこりをほぐすのにも有効です。

骨盤の前傾、後傾に意識を集中し、体全体が前後に揺れないように注意して下さい。

骨盤体操の目的

共通 ・・・ 腰の可動域拡大、怪我の予防、骨盤周りの緊張緩和
その他、コリの緩和、姿勢を整えるのにも役立ちます。

ポイント

  • 骨盤を前後(前傾・後傾)させることを意識する
  • 動作中、背中が丸くならないように
  • 膝を曲げないように

実践回数

10回

こちらの記事もどうぞ