「ウエスト引締め」タグの記事一覧 | 動画で方法を学ぼう筋トレTV
スポンサーリンク

「ウエスト引締め」タグの記事一覧

自宅で体幹トレーニング。椅子を使って下腹をへこます方法とは?

自宅で体幹トレーニング

ジムに行くことができない人でも自宅にあるもので効果的に筋トレを行うことが可能です。その中で手軽に活用できるのが“椅子”です。高さがある分、体勢を変えることで負荷を高くすることも低くすることもできます。椅子を使ってどのようなことができるのか、下腹をへこます方法など体幹トレーニングのメニューを紹介します。

ウエストを細く引き締めるのに効果的な体幹トレーニングの方法

ウエストを引き締める体幹トレーニング

ウエストを細く引き締めるためには、わき腹や腰周りの筋群に刺激を入れて筋肉の力によってボディラインを作ることが大切になります。それを実現するために効果的な方法の一つに体幹トレーニングを活用した方法があります。ここれでは、その方法を解説するとともにスポーツのパフォーマンスアップに応用できるバリエーションを実演・解説したいと思います。

日常動作やスポーツ動作への反映を高める!いろいろな体幹トレーニングの種目とやり方

体幹トレーニングのバリエーション

体幹トレーニングには、初心者向けのアームスタンディングや今最もポピュラーなプランクなどなどがあります。しかし、効果を上げていくためには一般的な筋トレと同じように体幹を鍛える場合も強度を高めていくやり方を取り入れていく必要があります。そこで、今回はボディメイクやスポーツ動作を高めていく上で効果的なバリエーションをご紹介します。

体幹だけでなくお尻や内ももなど下半身も同時に強化/体幹トレーニングの応用バリエーション

体幹トレーニング応用

わき腹、腹横筋、内転筋(内もも)、大腿四頭筋、臀筋などを複合的に強化できるサイドアームポジションで行う体幹トレーニングのバリエーションを紹介します。比較的難易度と強度が高い種目なので、サイドプランクなどのサイドから攻める筋トレが楽に感じられるようになってきた人が強度を上げるために取り入れることをオススメするトレーニングとなっています。

わき腹を引き締める「サイド・アームスタンディング」と効果を上げるバリエーション/体幹トレーニング実践講座

サイドアームスタンディング(プランク)

わき腹方向から体幹を強化するサイド・アームスタンディング。サイドプランクの入門種目としてアームスタンディングなどと組み合わせることで色々な方向から体幹を鍛えることができます。基本フォームは体力が低い人や女性が体力を付けるために最適なトレーニングとなっています。

1回11分30秒。腹筋を引き締め、下腹のぽっこりお腹を解消できるサーキットトレーニングメニュー

腹筋サーキットトレーニング

1回11分30秒で腹筋を鍛えて、脂肪燃焼を促進するサーキットトレーニングです。ダイエットするのと同時に引き締まったお腹・ウエストを作りたい、お腹をへこませたい、かっこいい腹筋を作りたい、そのような方におすすめのサーキットトレーニングです。今回のサーキットトレーニングでは、脂肪燃焼を行っていくと同時にお腹周りを引き締めていきます。お腹の脂肪が気になる方、腹筋に自信がない方、

おすすめプロテイン

ページの先頭へ