体づくりにおける三種の神器は、トレーニング(筋トレ・運動)、栄養(食事)、休養(睡眠)のことを指し、身体を成長させるために欠かせない要素です。筋トレTVで示している筋トレ3原則が三種の神器に当たります。


スポンサーリンク
筋トレ理論一覧

概要と補足

トレーニングを行う上で様々な目的があると思いますが、ここでの体づくりとは、ダイエット、シェイプアップ、筋量アップ、筋力アップ、スポーツパフォーマンスアップ、健康維持・増進などあらゆる目的に対する体づくりを言います。

その体づくりに大切な要素が、ここで示しているトレーニング(運動)、栄養(食事)、休養(睡眠)の3つなのです。

トレーニング(筋トレ・運動)

体の内外を問わず良くしていこうとしたら、当然行う必要があるものがトレーニングです。

トレーニングなくして体づくりはできません。目的に応じて計画された漸進的なトレーニングが必要になります。

体づくりにおいてトレーニングや運動などをしなければいけないのは意識、無意識に関わらず理解していると思いますが、栄養(食事)と休養(睡眠)は疎かにされがちです。

栄養(食事)

トレーニングで疲労した体の回復や身体の組織作り、枯渇した栄養素の補給に必要となります。

例えば、筋トレなどで筋肉づくりをしている(筋肥大)場合は、たんぱく質を主体に、炭水化物、脂質のバランスのとれた食事が大切です。

ダイエットにおいても、無理な食事制限は禁物で、カロリーバランスを考え、栄養素が不足しないように計画する必要があります。

休養

しっかりと睡眠時間を取ったり、トレーニングから離れてゆっくりする時間を作ったりして体を休ませてあげる必要があります。

それにより疲労が回復し、次のトレーニングを精力的に行えます。疲労が抜けてないままトレーニングしては、怪我につながったり、成果も十分にあげることができません。

ただ、積極的休養といって軽い運動や負荷を使って軽めに体を動かすことで疲労回復を促す方法を取る場合もあります。
筋肉づくりの場合は、休養している間に筋肉の修復・回復が促され、栄養摂取と相まって筋肉の成長が促されます。

これら3つの要素のどれが欠けても十分な成果を得られません。
しっかりトレーニングしたら、しっかり栄養を摂り、しっかりと休養して回復と成長を促しましょう。

こちらの記事もどうぞ