上腕三頭筋(力こぶ)の鍛え方を実演・解説します。スロートレーニングによるアームカールは、両手に持ったダンベルを肘を曲げてゆっくりと上下させることで上腕の表側の筋肉・上腕二頭筋(力こぶ)を鍛えることができる筋トレ種目です。バイセップスカールやダンベルカールなどとも呼ばれます。


スポンサーリンク
スロートレーニング(スロトレ)一覧

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 上腕二頭筋

概要

スロトレで行うアームカールは、ひじの曲げ伸ばし動作に3秒ずつかけ、ゆっくり行うことで上腕の前側(表側)の筋肉・上腕三頭筋(いわゆる力こぶ)を鍛えることができるトレーニングです。

上腕二頭筋の強化、ボリュームアップ、引き締め、腕のライン調整などに有効なトレーニングになります。

ひじの位置を固定し、反動を使って動作しないように注意しましょう。ダンベルを下したとき、腕を伸ばし切らないのがポイントです。

実践方法

  1. 両手にダンベルを持ち、ひじを曲げた体勢で構える。ひじの位置は体の横。(椅子に座っても立った姿勢でも、どちらもOK)
  2. ゆっくりとひじを曲げ、ダンベルを下していく。
  3. 腕が伸びきる直前で、1秒静止する。(実演の4カウント目の時が1秒静止)
  4. ゆっくりとダンベルを上げていき、上げ切ったら即座に(2)の動作に移る。

以降、(2)~(4)を所定の回数繰り返す。

目標回数

10~12回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ