スロートレーニングで行うランジの筋トレ方法です。ランジは脚を前後に開いて腰を落として上げることで、太もも前面の筋肉・大腿四頭筋、お尻の筋肉・大臀筋、太もも裏の筋肉・ハムストリングスを鍛えることができます。


スポンサーリンク
スロートレーニング(スロトレ)一覧

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ 大腿四頭筋(太もも前面) 大臀筋
第2ターゲット ・・・ ハムストリングス(太もも後面)

概要

スロトレで行うランジは、上下の動作にそれぞれ3秒ずつかけ、ゆっくり行うことで、太ももからお尻にかけて鍛えることができます。

太ももの筋肉アップ、引き締めやヒップアップに有効なトレーニングです。

運動不足や体力の衰えなどで、ひざを曲げ切るのが困難な方は、曲げられる範囲行って下さい。
その場合、上下の動作に3秒ずつかけることだけを守りましょう。
動作スピードは、上下の範囲が狭くなるため、しっかりと下した場合の動作より、さらにゆっくりとした動作になります。

スロトレ実践方法

  1. 脚を前後に開く。後ろ脚はかかとを浮かせ、手は腰に当てた体勢を取る。
  2. 両ひざをゆっくりと曲げ、下していく。ひざはつま先よりも前に出ないように。
  3. 後ろ脚のひざを床すれすれまで下したら、1秒静止する。
  4. ゆっくりと立ち上がり、前足のひざを伸ばし切る手前で(2)の動作に移る。

以降、(2)~(4)を所定の回数繰り返す。

目標回数

10~12回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ