スロートレーニングで行うスクワットの筋トレ方法です。スクワットは太もも裏の筋肉・ハムストリングス、太もも前面の筋肉・大腿四頭筋、お尻の筋肉・大臀筋を鍛えることができます。スタイルアップはもちろんですが、太ももやお尻は大きな筋肉で構成されているので、鍛えることで代謝が向上しやすく、太りにくい体づくりにも役立ちます。


スポンサーリンク
スロートレーニング(スロトレ)一覧

鍛えられる筋肉

第1ターゲット ・・・ ハムストリングス(太もも裏)、大腿四頭筋(太もも前面)、大臀筋

概要

スロトレで行うスクワットは、通常のスクワットよりもゆっくりとした動作で行います。
おおよそ上げ下ろしに3秒ずつかけ、下したときに1秒キープします。

太もも・お尻の筋肉アップ、引き締め、ヒップアップ・ヒップラインの調整に有効なトレーニングです。

ポイントとしては関節をロック(ノンロック)しないこと。
ひざを伸ばしたとき、しゃがんだときに関節をロックせずに次の動作に入るようにしましょう。

スロトレ実践方法

  1. 脚を肩幅に開き、腕を体の前でクロスさせる。
  2. お尻を後ろに突き出しながら、ゆっくりと下す。ひざはつま先よりも前に出ないように。
  3. 太ももと床が平行になるまで下したら、1秒静止する。
  4. ゆっくりと立ち上がり、ひざを伸ばし切る手前で(2)の動作に移る。

以降、(2)~(4)を所定の回数繰り返す。

目標回数

10~12回×2~3セット

こちらの記事もどうぞ